コメント欄代わり

「オデッサ海岸通り」 「オデッサ・コスモス」 「オデッサ・スタジオ」 「12の椅子」の投稿にコメントができなかった方は、こちらへどうぞ。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメント欄代わり への4件のフィードバック

  1. x- より:

    さほです。
    コメントを入れようと何度もトライしましたが、かけませんでした。
    このたびはジュビロの若い無知な人たちがご迷惑をかけてすいません。
    取り急ぎお詫びを。さて、届くかしら?

    • kocmockocma より:

      さほさん、こんにちは。
      Bloggerのブログには、私もコメントを入れようとしたけれど、だめでした。
      でも入れられる人はいるんですね。

      ゴトビ監督への誤解・偏見・中傷は、ああいう形で表出してしまいましたが、彼らだけではないんだろうなあ。
      彼らにはボランティア活動が科されるらしいのですが、アメリカの移民社会のことや現代イランのことを学んでほしいなと思いました。

      お誘いいただいたアフガニスタンの方のお話を伺う会には行けなくてごめんなさいね。
      (メールに返信もせず、失礼しました。)またの機会に是非。
      こんなときだから、「エイジアン・パラダイス」を、またはその続編を望みます。

  2. kocmockocma より:

    キエフ さんのコメント…(オデッサ海岸通りより転載)

    コメントありがとうございます。
    確かに日本は戦争に加担をした過去がありますが少なくとも反省はしていると思います。
    しかし、ロシアは何から何まで変わっていません。
    今も平然と暗殺が行われつい最近では南オセチア紛争をしました。
    新興国でこんな事をやってるのは中国とロシアぐらいです。
    時代が違うだけなのでしょうか?
    手の焼ける弟と言いますが甘やかしてはいませんか?
    Kocmoc Kocmaさんの自由かもしれませんが、好いているのならもっと強く批判してあげないと駄目だと個人的には思います。

    例としてユダヤ人の事を出されましたが、世界中にそれがある事は承知をしています。
    しかしその程度が違うのですよ。今までに何千万人、何億人の人々がロシアの手によって悲劇に見まわれました。
    一方のウクライナは生まれ変わりました。自身を正したのです。
    しかし、ロシアの圧力により政権は崩壊しました。
    ウクライナの歴史は神聖ですよ。森を見れば明らかです。
    一方、ロシアと云う国は取って付けた様な国で、強がってはいますが中身は軟弱そのもの。

    どうですか?前にも言いましたがウクライナに鞍替えでもしませんか?
    従兄弟なら陽がウクライナで陰がロシアでいいじゃないですか

    2011年6月28日13:54

    • kocmockocma より:

      キエフさん、こんにちは。
      あちらにコメントが入れられないので、勝手ながらこちらに転載させていただきました。

      >確かに日本は戦争に加担をした過去がありますが少なくとも反省はしていると思います。
      それならよいのですが。
      第二次世界大戦においては、日本は戦争に「加担」したのではなく、「戦争をした」のだ、という気がします。

      >南オセチア紛争
      先に仕掛けたサーカシヴィリに非がありますね。

      >好いているのならもっと強く批判してあげないと駄目だと個人的には思います。
      私にしても、特に手加減をしているつもりはありません。
      ただ、やみくもに「何でもロシアが悪い」という捉え方はしていません。

      >ウクライナの歴史は神聖ですよ。森を見れば明らかです。
      この論理(感覚?)は私には理解しがたいです…。
      この前も書きましたが、ウクライナも決して嫌いではないのですが、キエフさんが書かれたような事をウクライナ人が主張しているのを聴いたら、すごく退いてしまいますね。
      ほんとうにウクライナへの鞍替えをご提案されているとしたら、それは逆効果です。
      悪いことは他(例えばロシア)のせいにしているみたいで、潔くないです。
      今の政権への不満が高じたら、ウクライナの国民自身が正すでしょう。
      ウクライナの国政について、親ロシアであれとか、逆に反ロシアでなければならないとか、それは彼ら自身が決めればいいことです。

      あと、この前、書き損ねましたが、カフカースのクラブとの試合のボイコットをファン(の一部)がしているのは、クルィリヤではなくスパルタークやツェスカなどモスクワのクラブです。
      (もしかしたら誤解されていたかもしれませんので、年のため)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中